Top > 結婚式での祝儀袋のマナー

結婚式での祝儀袋のマナー

結婚式に招待されたら、お二人を祝福しますという気持ちを形で表しましょう。時計や記念日の入ったワインなど、贈り物をするという人もいますが、プレゼントを贈る場合には結婚式が行われる前の吉日に贈りましょう。現金と品物を一緒に贈るという人もいると思いますが、現金は祝儀袋に入れて名前を書いて渡します。

祝儀袋の書き方も大切ですが、結婚式ではいくつかのマナーがありますので、一人の大人として恥ずかしい思いをしないよう、マナーを守って祝福してあげましょう。事前に現金やプレゼントを渡しておく場合、結婚式当日は受け付けで記帳だけを行います。最近では祝儀袋を当日持参して、受け付けで渡すという人がほとんどとなっているようです。

祝儀袋は書き方だけではなく、包む金額も気をつけましょう。お祝いの席では割り切れる数字は避けるようにしましょう。友人や同僚なら3万円ほどが相場のようです。祝儀袋はバッグからそのまま出して渡すのではなく、袱紗などで包んだ祝儀袋を出すようにしましょう。セロハンの袋に入って販売されていますが、袋は利用しないほうがいいです。

袱紗は赤や紫色などを選びましょう。紫色はお悔やみ事でも利用できますので一枚あると便利です。袱紗がない場合にはハンカチでも構いません。袱紗の中央よりも少し左に祝儀袋を置いて、袱紗の左角を持ち中央に折ります。上の角をかぶせて下の角をかぶせていきます。最後に袱紗の右を折ってかぶせ裏に折り返すと、形が綺麗に整います。

 

 糖尿病の原因と対策  高脂血症の予防と治療
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋とお札の入れ方(2009年7月 2日)
祝儀袋の渡し方(2009年7月 2日)
祝儀袋の金額の書き方(2009年7月 2日)
結婚式での祝儀袋のマナー(2009年7月 2日)
祝儀袋の書き方で大切なこと(2009年7月 2日)