Top > 祝儀袋の書き方で大切なこと

祝儀袋の書き方で大切なこと

祝儀袋の書き方で大切なのが、相手に見やすく書くということです。お祝いの席では濃い筆を選び丁寧に書きましょう。表書きは水引の上に書きますが、「寿」という言葉が最高のお祝いの言葉になります。「祝御結婚」「御結婚祝い」という言葉もありますが、出来るだけ4文字の語句は使わないようにしましょう。

表書きは水引の上中央になるように書きます。祝儀袋に自分の名前を書くときには、水引の下中央に書きます。「寿」などの語句よりも少し小さくなるように書きましょう。極端に小さくする必要はありませんので、全体的なバランスを考えて書くようにしましょう。祝儀袋の書き方が正しくても、使う筆を間違うと失礼になります。ボールペンは使用しないでおきましょう。

祝儀袋の中包みにお金を入れて金額を記入します。ときどき金額は書いてあるけれど、中にお金が入っていないということがありますので、しっかりと確認してから渡すようにしましょう。祝儀袋に連名で書く場合、右が目上、左が目下となります。3人を限度として書きましょう。グループの場合には代表者の名前だけを表に書き、別紙に全員の名前を書き祝儀袋に入れておきます。

代表者の名前の横に「外一同」と書いておくと、グループだというのが分かりやすくなります。祝儀袋は結婚式だけではなく七五三などでも使用します。金額は3千円から1万円ほどが相場のようです。他に入学祝いや卒業祝いなどにも使用されます。それぞれ「七五三御祝い」、「御卒業御祝い」などと書いて渡します。

 

 サイドビジネス  不妊治療  夜泣き対策
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋とお札の入れ方(2009年7月 2日)
祝儀袋の渡し方(2009年7月 2日)
祝儀袋の金額の書き方(2009年7月 2日)
結婚式での祝儀袋のマナー(2009年7月 2日)
祝儀袋の書き方で大切なこと(2009年7月 2日)