祝儀袋の書き方最新の記事

祝儀袋とお札の入れ方

祝儀袋にお札を入れるときには、祝儀袋から水引を外してから入れます。上包みと中袋に分けてから利用しましょう。中袋を広げてお金が中央にいくように入れます。お札は表を向けていれます。水引を外したり戻すときに、祝儀袋が折れてしまわないように注意しましょう。水引は結びきりのタイプを選ぶようにします。

一度きりという意味合いを持ち、お祝いの席に適した水引です。蝶結びのタイプは結んでもほどけてしまうのでお祝いの席には不向きです。結婚式では使用しないようにしましょう。祝儀袋は書き方に気を配るのも大切ですが、実際に使う祝儀袋の選び方にも気を配るようにしましょう。

最近ではたくさんの種類の祝儀袋が販売されています。可愛いらしい感じの祝儀袋や豪華な印象の祝儀袋なども販売されています。祝儀袋は見た目で選ぶのではなく、中に包む金額とのバランスを考えて選びましょう。祝儀袋の書き方が正しくても、中身とのバランスが悪いと格好がつきません。

店員さんにアドバイスを受けるのもいいと思いますが、1万円~3万円用と書かれた祝儀袋も販売されていますので利用してみてはいかがでしょう。1万円未満の場合には400円程度の祝儀袋を選び、1万円~3万円の場合には300円~500円ほどで販売されている祝儀袋を選ぶといいでしょう。

祝儀袋の書き方について

祝儀袋は見た目で選ぶのではなく、中に包む金額とのバランスを考えて選びましょう。祝儀袋の書き方が正しくても、中身とのバランスが悪いと格好がつきません。
カテゴリー
更新履歴
祝儀袋とお札の入れ方(2009年7月 2日)
祝儀袋の渡し方(2009年7月 2日)
祝儀袋の金額の書き方(2009年7月 2日)
結婚式での祝儀袋のマナー(2009年7月 2日)
祝儀袋の書き方で大切なこと(2009年7月 2日)